医師募集

初期臨床研修医

「医療をもって社会に貢献できる医師の育成」を研修理念とし、「医師として不可欠な基本的姿勢、態度を学び、生涯かけて目指すべき医師像を構築し、全人的医療を実現できる基本的診療能力(態度、技能、知識)を体得する。」を行動目標とした初期臨床研修プログラムを提供しています。希望により、必修期間に加え自由選択期間を使いさらに産婦人科をローテートすることもでき、また他科ローテート中でも当科での学会発表や論文指導を受けることができます。

後期研修医(専攻医)

当教室はこれまで多くの産婦人科専門医を育成してきましたが、2018年度からの新専門医制度のもとでは、帝京大学東京大学千葉大学東京女子医科大学八千代医療センター亀田メディカルセンターを基幹施設としたプログラムの連携施設として専攻医を受け入れています。3年間の研修期間中、希望があれば最大2年間当院で研修することができ、残りの期間を基幹施設で研修します。後期研修終了後に当院で引き続きサブスペシャリティの取得を目指すこともできます。

サブスペシャリティ

日本産科婦人科内視鏡学会指定の認定研修施設、日本婦人科腫瘍学会の婦人科腫瘍専門医修練施設、日本生殖医学会の認定研修施設、日本女性医学学会の認定研修施設として、産婦人科専門医取得後、サブスペシャリティとして、内視鏡技術認定医や婦人科腫瘍専門医、生殖医療専門医、女性ヘルスケア専門医の取得を目指す方も随時募集しております。

医師募集ページ イメージ画像

若手医師からのメッセージ

森岡将来(帝京大学平成21年卒 2018年度まで在籍)

私は初期研修修了後、帝京大学麻酔科に入局し4年間麻酔科医として循環呼吸疼痛管理などを学んだ後、帝京大学ちば総合医療センター産婦人科学講座に入局しました。当教室の特徴は、1) 診療とプライベートのバランス、2) 幅広い診療分野と指導体制、3) 柔軟な研修制度です。

1) 診療とプライベートのバランス 育児や妊娠、都内からの通勤など、それぞれの状況に応じた診療体制を組んでいます。大学院に所属しながら勤務をしている医師もいます。

2) 幅広い診療分野と指導体制 内視鏡手術(腹腔鏡・子宮鏡)の症例が豊富であり、また悪性腫瘍は手術、化学療法、放射線療法いずれにも力を入れています。子宮体癌に対する内視鏡手術や、産科出血症例に対する腹腔鏡下の子宮動脈のクリッピングなども行っています。膣式手術も多く、骨盤臓器脱手術では、従来法、メッシュ手術のどちらも経験できます。不妊治療は一般不妊治療と人工授精までで、体外受精・胚移植は近医と連携して行っています。指導医が充実しており、充分な指導のもと手術手技を習得出来ます。産科はハイリスク症例の割合が多く、一例一例が勉強になります。母体搬送ネットワーク連携病院として他院からの搬送を受け入れる病院ですが、児の在胎週数や推定体重によっては搬送する立場でもあり、搬送元、受け入れ側、どちらの診療も学ぶことができます。ひとつのチームの中で幅広い診療分野を担っているため、カンファレンスなどでは多様な視点からの意見を聞くことができます。

3) 柔軟な研修制度 新専門医制度においては、帝京大学、東京大学、千葉大学、東京女子医科大学八千代医療センター、亀田メディカルセンターのプログラムの連携施設として専攻医を受け入れており、希望があれば3年間の研修期間中、最大2年間当院で研修することができます。学会発表や論文執筆などの指導も充実しているため、産婦人科専門医取得やその後のサブスペシャリティ取得のための環境が整っています。勤務医や研究者だけではなく、将来的に開業を目指す先生たちにとっても、大きな財産となるはずです。

ページの先頭へ