患者さまへ

当院の産科の特徴

当院では伝統的に安全を追求した分娩を目指しております

エコーによるスクリーニング

どんなに順調な経過をたどっても、全体の3-5%の新生児に何らかの先天的な異常を認めると言われています。妊娠中に診断困難な疾患は多数報告されておりますが、当院では妊婦検診中に全身のスクリーニングを行っており、可能な限りのリスク抽出をするよう心がけております。また小児科との密な連携により、お腹の中にいるときから徹底した安全管理を行っております。

patient-obstetrics-echo01

patient-obstetrics-echo02

分娩管理

  • 分娩時には助産師による1:1のきめ細かいコミュニケーションを行っています。分娩中は多くの不安と分娩の状況に合わせて、胎児心拍モニタリングは必要に応じて適宜施行いたします
  • モニタリングの状況は外来にも無線で飛んでおり、院内で多くの産婦人科医がその様子を目に入れて早期の異常発見に努めています。

patient-obstetrics-manage01_1

patient-obstetrics-manage01_2

帝王切開について

  • 予定の帝王切開でも麻酔科によりお母さんの全身管理が行われます。
  • またどんなに順調な経過をたどっても、お産には突然の緊急事態が潜んでいます。当院は豊富な人員を確保しており産婦人科医9名、小児科医7名が常勤として勤務しております、緊急で帝王切開になった場合も麻酔科医の厳重管理の下で手術が行われます。

産褥管理

  • 当院では原則として分娩の翌日に小児科医による赤ちゃんの診察を実施しております。お母さんのお腹から初めて外に出た赤ちゃんは、突然の環境の変化により様々なストレスがかかります。当院では赤ちゃんの些細な変化もより早く気付けるように努めています。
  • 当院の特徴は保健指導(沐浴や育児など)を個別に行なっているところです。周りを気にせずそれぞれのペースに合わせて、ストレスのない環境で覚えていただきたいと考えています。

patient-obstetrics-manage02_1

patient-obstetrics-manage02_2

ページトップへ戻る